1.アルギニンを摂取したら成長ホルモンは増加するのか?

アルギニンを摂取したら成長ホルモンの分泌を促進させる効果はあるのでしょうか?結論から言いますとアルギニンを摂取すると成長ホルモンを増やすことができます。

1-1.アルギニンと成長ホルモンって何なの?

成長ホルモンとは脳の下垂体から分泌されるホルモンのことで骨を伸ばしたり若さを保つための役割を果たしてくれます。アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で近年では成長をサポートしてくれる身長サプリにも配合されていて大変人気が高いです。そのアルギニンの効果について研究データを元に今回は徹底調査していきたいと思います。

1-2.成長ホルモンの役割について

お子さんの成長期に身長を伸ばしてあげたいと思う親御さんは多いのではないでしょうか?成長ホルモンの分泌作用は身長を伸ばしてくれるだけでなく、若返りのアンチエイジング効果もあると言われています。

さらに、筋肉の増加、シワのたるみの減少、毛髪再生、視力の改善、免疫力の増加、臓器機能の向上、骨密度の増加など優れた効果が実験により明らかになっています。もし十分な量の成長ホルモンをずっと分泌させられたらいつまでも若さを維持することができるかもしれません。

ところが、この成長ホルモンは生まれて思春期を終えるまでをピークとしてその後の分泌量は徐々に減少していきます。40代で1/2、80代では1/20にまで減少してしまいます。そこで成長ホルモンの分泌を促進させてくれるアルギニンの効果に注目されているというわけです。

1-3.成長ホルモンを増やす方法

成長ホルモンを増やす方法は血中に成長ホルモンを直接注射するか口からアルギニンを飲む形の経口摂取の2つです。血中に直接注射する方法は医師による治療になるので低身長症と診断されなければ基本的には治療を受けることができません。

また、診断の内容によっては高額な治療費を全額負担になることもあります。スペインのプロサッカーリーグで活躍するFCバルセロナ所属のメッシ選手がこの治療を受けて低身長症を克服したという話は有名ですが治療費はチームが支援してくれたそうです。ちなみに全額負担となると年間数百万円掛かるとも言われています。

一方のアルギニンを口から飲む経口摂取はアルギニン配合サプリを活用したり食品から摂取することになります。ですから、成長ホルモン治療と比べてはるかに安く済みます。

1-4.アルギニン摂取の試験結果について

デンマークで6歳の子どもを対象に3年間行われたアルギニン摂取の試験ではアルギニンの摂取量が多い子どもの身長は摂取量の少なかった子どもと比べて身長の伸びが大きいという結果が明らかになりました。

男の子と女の子とも身長が伸びたことは明らかで特に女の子の伸び率のほうが高いというデータが出ていいます。さらに体脂肪の減少なども見られたそうです。アルギニンの摂取量については1日4~9gで成長ホルモンの分泌量が1.6~4倍以上も増えたと報告されています。

1-5.最後に

ここまで成長ホルモンの促進成分アルギニンについてお伝えしました。アルギニンを摂取することで成長ホルモンが増加することは医療の発達と多くの実験によって明らかにされました。

ただし、今回ご紹介した実験でのアルギニンの摂取量は1日4~9gとかなり多い数値となっています。アルギニン高配合のサプリでも1回服用で500mgなので10倍以上も多い数値です。ですので、アルギニン配合のサプリへの過度な期待は禁物であくまでも普段の食事の栄養補助として活用したほうが良いと考えます。

【参考記事:アルギニン配合サプリならコチラ】
→ アスミールの効果が凄い!【何歳まで飲めるのか?調べてみた。】