「アスミールとカルシウムグミは、どっちが良いのか分からない!」とお悩みの親御さんは多いのではないでしょうか?

アスミールは飲むタイプで、カルシウムグミは食べるタイプの子供向け栄養補助食品です。どちらもおやつ感覚で栄養を手軽に補給できますが、どちらを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、アスミールとカルシウムグミのどっちを選んだら良いのか迷われている子育てママに向けて、比較してわかった4つの違いについてご紹介します。

1.アスミールとカルシウムグミを比較してわかった4つのコト

1.栄養

アスミールとカルシウムグミに含まれている栄養素を比較してみたところ、アスミールのほうが種類と量ともに多く含まれていました。ほとんどの栄養素が2~3倍くらい、アスミールのほうが多く含まれています。

また、1日に必要な栄養素のどれだけの割合を摂取できるかどうかはとても重要です。

カルシウムグミは1日に占める割合の3~4割程度でした。一方のアスミールは、1日に占める割合の7~8割を摂取することができます。

栄養を補助するという役割としては、アスミールは十分に果たしているといえます。7~8割も摂取できると、献立メニューを考えるのもかなり楽になりますね。

カルシウムグミは、カルシウムや亜鉛などの骨を丈夫にしてくれる栄養素はしっかり含まれていますが、アスミールのほうが数値的に上回っているという結果になりました。

2.安全性

子どもは食べたものが成長に大きく影響するので、安全性はとても大切です。特に添加物においては、子どもの成長に悪影響を及ぼす危険性があると考えられているので注意が必要です。

アスミールは、添加物を一切含まない無添加の栄養補助食品ですので、健康被害が出るという心配はありません。一方のカルシウムグミは、「甘味料」「着色料」「増粘剤」「光沢剤」などの添加物が含まれています。

これらの添加物は、アレルギー、鼻炎、喘息を起こす危険性があると考えられています。子どもの成長期に毎日食べさせるのは少し心配です。放射能検査においては、どちらも行っているので心配は要りません。

3.値段(安くてお得)

子どもの成長を長期的にサポートしてあげたい方にとっては、少しでも安いほうが助かりますよね。そこで、アスミールとカルシウムグミの1個あたりの値段を比較してみました。

<アスミールとカルシウムグミの値段比較>
・アスミール
初回2050円
2回目以降3686円

・カルシウムグミ
初回3398円
2回目以降3898円

初回の差額は-1348円、2回目以降の差額は-212円、アスミールの方が安くてお得になります。栄養価や安全性もアスミールのほうが優れているので、値段以上にお得ですね。

4.目的(身長伸ばす?栄養補給?どっち?)

アスミールとカルシウムグミは人気の栄養補助食品ですが、それぞれ目的に合うものを選ぶようにしましょう。

身長を伸ばす目的でしたら、アスミールには身長促進効果があるといわれている「アルギニン」が含まれているので適しています。アルギニンとはアミノ酸の一種で、成長ホルモンを活性化させることによって、身長促進効果が期待できるとされている注目の成分です。

栄養補給が目的の場合も1日に必要な栄養素の7~8割を摂取できるアスミールの方が適しています。成長ホルモンが活性化されていても、栄養バランスが豊富じゃないと子どもの身長を伸ばす効果が低下してしまいます。逆に栄養バランスが豊富でも、成長ホルモンが不活性化の状態だと身長は効率的に伸びてくれません。

そういう意味では、成長ホルモンの活性化と多くの栄養素を摂取できるアスミールは、身長を伸ばしてあげたい親御さんの目的にピッタリ合います。

一方のカルシウムグミは、普段の食事である程度は栄養を摂取できているけど、摂取しづらいカルシウムやマグネシウム、ビタミンDを重点的に補給したい人に適しています。

まとめると、アスミールは全体的な栄養そのものを満たすことができて、身長促進効果も期待できます。カルシウムグミは不足気味の栄養を重点に補うことができます。目的別に考えると選びやすいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

2.子どもの成長に合わせた栄養補給を

子どもは大人と違って細胞が増え続けながら、体が大きく成長していきます。そのため、大人以上に多くの栄養を補給する必要があります。

戦後50年間は食生活の改善や欧米化などが進んで、日本人の平均身長は男の子は約10cm、女の子は約7.5cmも伸びました。

ところが、ここ10年ほどの日本人の平均身長が伸び悩んでいる状況で、男の子は-1.1cm、女の子は-0.9cmも平均身長が低下しています。ですから、ここ数年は子どもの低身長でお悩みの親御さんが増えてきているようです。その原因は一体何なのでしょうか?

低身長の原因として考えられているのは栄養不足です。戦後から平均身長が伸び続けた原因が食生活の改善などによるものなので、子どもの成長に栄養が大きく関係しているのは明白です。

コンビニ弁当やジャンクフード、インスタント食品、などの栄養価の低い食事が多くなりましたし、麺類やお菓子、清涼飲料水など飲食において、非常に多様化して偏食が激しくなっていることが要因といわれています。また、野菜の栄養価が昔と比べて低下していたり、そもそもの野菜を食べることが少なくなっていることも要因として考えられています。

アスミールとカルシウムグミは子どもの成長にとって、必要な栄養素を摂取できます。どちらもおやつ感覚で摂取できますので、子育てママさんは助かりますよね。

3.まとめ

今回は、アスミールとカルシウムグミを比較してわかった4つの違いについてお伝えしました。

栄養面を比較すると、アスミールの方が栄養の種類や量は多く含まれています。成長期に必要なカルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンなどバランス良く配合されていますよ。

安全面においても健康被害の危険性があるとされている、添加物は一切含まれていないこともわかっています。ですから、アスミールを活用したほうが良いかなと思います。

【参考1】

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら


【参考2】

→カルシウムグミの詳細はこちら

身長