1.アスミールに含まれる成分・原材料・効果を徹底比較してみた!

アスミールに含まれる成分・原材料・効果を徹底的に比較してわかったことをご紹介します。アスミールを購入しようと検討されている親御さんの多くは身長促進効果を期待していると思います。ですが、アスミールは成長サプリという名だけで中身が全く伴っていないとしたらどうでしょうか?

なのでアスミールの成分、原材料をしっかり把握して効果的に作用するかどうかを正しくジャッジする必要があります。今回の記事ではアスミールの成分・原材料・効果を徹底的に調べてみてわかった結果をお伝えしようと思います。

1-1.アスミールの成分・原材料・効果を徹底比較!

身長を伸ばすためには栄養は不可欠な要素ですので効果が見込める成分や原材料が含まれているかどうかを見て行きましょう。まずは成分からです。

鉄分、カルシウム、マグネシウム、ナイアシン、亜鉛、プラセンタ、L-アルギニン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

中でも注目なのがアスミールの特徴と言われている「L-アルギニン」です。井手綾子医師によると子供の成長は遺伝などの要素よりも一番大事なのは成長ホルモンの分泌なんだそうです。逆に栄養をしっかり摂っても成長ホルモンが分泌されなければ全く身長促進効果は実感できないとのことです。アスミールに含まれるL-アルギニンはその成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので成長促進に大きく役立つということになります。

とはいえ、成長ホルモンの分泌を促進されてもスポーツなどの運動をあまりしない子にはあまり効果が期待できないそうなので注意が必要です。ちなみに運動は身長を伸ばすために必要な要素の1つなのでアスミール以外の成長サプリを検討している場合でも同じことが言えるのでしっかりとこのことは認識しておきましょう。

あと気になる成分は骨と歯の形成に必要なカルシウムですが1日に必要とする摂取量の86%を満たせるので魚嫌いのお子様でも安心できそうですね。鉄分については必要量の85%を満たせることができますが、見込める効果は酸素を運ぶ赤血球を作る作用です。赤血球が作られると疲れにくくなって貧血予防に効果的だし、栄養の運搬も円滑になるので摂取した栄養素を体全体に行き渡らせるのでうれしい成分ですね。

ほかのビタミン群は1日の必要量の約80%以上を摂取できますがこれまで説明した成分の吸収率を高めてくれる効果が期待できます。なので、毎日の食事で野菜や果物でビタミン群を摂取できない場合は補助として大きく役に立ちそうです。

次に原材料を見ていきます。

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖加糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ゴマ由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干パウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタエキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

気になる原材料は植物性ミネラル(ゴマ由来)、煮干パウダー、ドロマイトの3つです。これらの原材料は子供が食べるインスタント食品やスナック菓子、冷凍食品などに含まれるリン酸(塩)とカルシウムが結合して吸収されずに体外へ排出されるのを抑制する働きを持っています。この作用はアスミールの独自技術によって配合されているから実現できた研究の成果なのでお菓子や冷凍食品をよく食べる子にとってはこの効果は成長に大きく貢献してくれそうです。そのほかにカゼインカルシウムペプチドはカルシウムの吸収を助けてくれる原材料なので無駄なく体内に取り入れることができます。

1-3.最後に

ここまでアスミールに含まれる成分・原材料・効果を徹底比較してわかったことをお伝えしました。医学的にみても成分と原材料とも身長促進効果はしっかり期待できる内容だったと思います。

特に重要だと感じる部分は成長促進効果うんぬんよりも栄養バランスが優れている点です。アスミールは栄養機能食品としても優秀で身長促進効果が見込める成分以外の計10種類の栄養素は1日に必要とする量の約84.4%を摂取することができます。

この量と割合は成長飲料サプリの中でも群を抜いて優れているので個人的にはこちらに注目しています。毎日の食事で栄養不足が心配という親御さんにとってアスミールはお子様の成長に大きく役立つ成長飲料サプリになるのでぜひ一度お試しになってみてください。

→ 子供の成長応援飲料「アスミール」についてもっと詳しく