「アスミールを飲んで身長が伸びた人と伸びない人がいるようだけど、その違いって何なの?」と疑問をお持ちの子育てママさんは多いのではないでしょうか?

せっかくアスミールを飲ませてあげても、効果がないんだったらお金も時間も無駄になってしまいますよね。

そこで今回は、子どもの成長でお悩みのママに向けて、アスミールを飲んで身長が伸びた人と伸びない人の効果の違いを分ける理由についてご紹介します。

1.遺伝のせいじゃない!?そもそも子供の身長の伸びる・伸びないは摂取する栄養が原因?

昔から身長の高さは遺伝によって決まっていると言われていました。だから、いくら栄養を摂っても子どもは親の身長を超えることはできない、と多くの人が信じていたと思います。

ところが、終戦後の1950年から2007年までの日本人の平均身長を調べたところ、男の子は160.3cm→171.5cm、女の子は148.9cm→158.3cmと平均身長は男女ともに10cmくらい伸びています。もし、身長が遺伝によって決まっているとしたらたった一世代で、身長が10cmも伸びるはずがありません。

戦後と今を比べて明らかに変化したのは「食生活」です。つまり、成長期に摂取する栄養がどれだけ身長の高さに大きな影響を与えるということです。ですから、子供の身長が伸び悩んでいるとしたら、その原因は栄養不足によるものなんです。

成長期の子供は大人以上に多くの栄養が必要です。1日を過ごすための栄養だけでなく、体を大きくする分の栄養も必要なので当然ですよね。

成長期は男の子はたくましい体つきで身長を高く、女の子は女性らしい体つきになっていきます。これらの男の子、女の子の特有の発育は、成長期に多く分泌される「成長ホルモン」が影響しています。成長ホルモンの分泌が子供を大きく育てるための大切な要素なんです。

一昔前までは、牛乳を飲んでカルシウムを多く摂ると身長が伸びると言われていましたが、そうじゃないんですね。牛乳を飲んでも女の子の胸が大きくならないという原因の根本もここにあります。

その子供の身長に大きく関係している政党ホルモンですが、近年は正常に分泌されていないと言われています。次では、アスミールに含まれるアルギニンと、成長ホルモンの関係性についてお伝えします。

2.アスミールに含まれるアルギニンが子供の成長に影響を

アスミールに含まれるアルギニンは、子供の成長に良い影響を与えてくれます。

前途では、子供の成長に大きく影響する成長ホルモンが、近年では正常に分泌されない、というところまでお伝えしました。その成長ホルモンが正常に分泌されなくなってしまった原因は、食生活の乱れによるものと考えられています。

その理由は、母子家庭や共働きなどで子育てが大変になって、コンビニ弁当などで済ませてしまうことが多くなってきたからと考えられています。

今はコンビニ弁当やレトルト食品、冷凍食品、インスタント食品など、食の多様化が進んでいます。母親が忙しくなればなるほど、お子さんの食事がこれらの手軽な食品に頼りがちになってしまいますよね。

そういったお子さんのために開発されたのがアスミールです。アスミールに含まれている「アルギニン」は、スーパーアミノ酸と呼ばれているタンパク質の一種で、成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

さらに、アスミールは栄養素等表示基準値に占める割合のおよそ80%を補給することができます。成長ホルモン促進成分のアルギニンを摂取できるだけでなく、カルシウムや亜鉛、ビタミンなど栄養そのものを摂取できるため、身長促進効果をより実感できるように開発されています。

3.アスミールの効果がない・身長が伸びない場合はこんな理由が

アスミールを飲んでも効果がない、身長が伸びない場合は、以下の3つの理由が考えられます。

  1. 身長が伸びる期間が影響している
  2. 睡眠時間が足りていない
  3. 運動不足

以上の3つが、アスミールを飲んでも身長が伸びない理由です。それぞれ順を追って詳しく説明します。

1.身長が伸びる期間が影響している

子供は生後から約16年間、成長期と言われる身長が伸びる期間があります。その期間の内、身長がもっとも伸びるピークを迎えるのが思春期です。

一般的に思春期を迎える年齢は、男の子は12歳~14歳、女の子は10歳~12歳で、この期間は身長が一番伸びます。思春期を過ぎたら身長の伸び率はゆるやかに減少していき、3年くらい経過したら身長は止まってしまいます。

もちろん、思春期を迎える時期は個人差がありますので、思春期を過ぎて身長の伸び率が減少している期間に、アスミールを飲ませても効果を実感しにくくなります。

また、アスミールは子供の身長を伸ばす効果が期待できますが、1~2ヶ月くらい飲ませても、効果が薄いので注意してください。子供の身長は思春期のピークはありますが、基本は16年かけてゆっくり伸びていくので、長期的にアスミールを飲ませてあげることが大切です。

実際にアスミールを利用されている口コミでも、継続して飲ませてあげているお子さんのほうが、効果を実感されたという声が多かったです。

2.睡眠時間が足りていない

睡眠時は、子供の身長の高さと密接に関係してい成長ホルモンがもっとも分泌されます。

高身長の人が睡眠中に骨がミシミシ鳴って痛くて眠れない、という話を聞いたことがあると思います。これは、成長ホルモンが大量に分泌されることによって、骨と骨の境目にある骨端線が伸びているからです。

睡眠時間が足りていないと、その分の骨端線が伸びる時間が削られてしまうことになるので、十分な睡眠時間をとるようにしてあげてください。

3.運動不足

運動中も成長ホルモンの分泌が促進されます。また、体を動かすことで骨に刺激が加わり、骨が太く伸びようとする作用が働きかけるので、身長が伸びやすくなります。

以上の3つを心掛けてアスミールを活用してあげると、お子様の身長促進効果をより実感しやすくなりますよ。

まとめ

今回は、アスミールを飲んで身長が伸びた人と伸びない人の効果の違いを分ける理由についてお伝えしました。

アスミールを飲んで身長が伸びる人と伸びない人の違いは、成長期に継続している、十分な睡眠時間、適度な運動の3つの条件をクリアしているかどうかです。

短い期間だけ飲んで、スマホを深夜までいじっていて、部屋に閉じこもっていては、どうしてもアスミールの効果を実感しにくくなります。

アスミールは栄養価も優れているので、長期的に飲ませてあげたら、元気になって体を動かしたくなるので、外で友達と遊んでくれるようになります。外で友達といっぱい遊んだら体が疲れて、夜はぐっすり眠ってくれるようになるので、身長がグングン伸びていきますよ。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら