1.アスミールの悪評と成分を調べてみてわかった結果をお知らせします。

アスミールの悪評からみる評判や商品の成分を調べてわかった結果をご紹介します。アスミールの悪評はネットで調べてみるとたくさんありますよね。アスミールを飲ませてあげる理由としてもっとも多かったのが子供の身長を伸ばしてあげたいというのがほとんどでした。あなたはどうでしょうか?

だからアスミールを飲んでも子供の身長が伸びなかった場合は「娘には効果がなかった」「アスミールを飲んでも変化を感じれなかった」という悪評が欄列するわけです。逆にその悪評への反論で多かったの実感できなかったのは愛飲歴が短いからだという反発です。

じゃあ愛飲歴が長かったら本当に身長が伸びるのか?アスミールを飲まなくても成長期なんだからたまたま伸びただけなんじゃないの?って私は疑問を感じます。じゃあアスミールは悪評通り飲んでも効果があるのか無いのかを成分を調べて白黒ハッキリさせようじゃりませんか。

1-1.アスミールの成分を調べてみました。

アスミールに身長を伸ばしてくれる効果がある成分が含まれているかどうかを見ていきましょう。

・アスミールの主な成分
カルシウム 86%
鉄分 85%
ビタミンA 70%
ビタミンB1 85%
ビタミンB2 84%
ビタミンB6 123%
ビタミンB12 91%
ビタミンC 75%
ビタミンD 75%
ビタミンE 70%

※○%は栄養素等表示基準値に占める割合

以上の栄養素は子供が1日に必要とされる栄養素を平均で84.4%をアスミール6gと牛乳100mlを混ぜて飲むだけで補給することができます。これだけの種類と高い割合は国が定める栄養機能食品としてみると成長飲料サプリの中では群を抜いて優れています。

つまり、多く販売されているサプリメントの中でもアスミールはかなり優秀な部類に入るということです。身長が伸びるかどうかと言われると微妙な感じがしますが、少なくとも栄養バランスは良い飲料サプリと言えるのではないでしょうか?

1-2.アスミールの特徴

アスミールは栄養機能食品としての役割は果たしているように思えますが、悪評の元種となる身長を伸ばすのに効果的な成分は果たして含まれているのでしょうか?

・アスミールに含まれる成分の主な特徴

1,アルギニン
アルギニンはスーパーアミノ酸と呼ばれるたんぱく質の一種で子供の身長を伸ばすように働きかける成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

2,亜鉛
亜鉛はたんぱく質を骨へと生成させるために必要とされている合成因子で骨を伸ばすのに欠かせない成分です。また、亜鉛は体内で貯蔵できないため不足させないようにするためには毎日摂取する必要があります。

3,プラセンタ
筋力アップに効果が持てる成分でアルギニンと亜鉛のサポートをしてくれる作用もあります。

4,ZAPバランス
独自技術によってスーパーアミノ酸のアルギニン、亜鉛、プラセンタが子供の成長に効果的に働きかけるように作用してくれます。

5,吸収率が優れた3つのカルシウムを配合
カルシウムを体内に吸収させるにはマグネシウムが必須ですが、胡麻ミネラル、魚骨焼成カルシウム、天然ミネラル素材ドロマイトの3つのカルシウムを独自配合することによって素早く骨を作り上げます。

以上がアスミールの主な特徴になります。子供の身長を伸ばすのに必要な成分はしっかりと含まれているように感じます。あと上述した栄養機能食品としての役割を持つ10種類の栄養素も吸収率を高める作用が働くので身長促進効果はより実感しやすい配合になっていると思います。

1-3.最後に

ここまでアスミールの悪評と成分を調べみてわかったことをご紹介しました。結論を話しますとアスミールだけに頼るだけでは子供の身長は伸びないということです。医学的に言われていることは身長の伸ばすのに大きく関わる遺伝、栄養、運動、睡眠の4つがもっとも重要とされています。

栄養、運動、睡眠をパーフェクトに実践して遺伝で決まった最終身長に到達していればアスミールを飲んでも身長は伸びることはないでしょう。逆にアスミールを活用して栄養をしっかり満たしたとしても運動と睡眠が疎かにしてしまうとあまり効果は期待できないはずです。

つまり、アスミールは補助的な役割というのをしっかり認識した上で栄養、運動、睡眠をちゃんと満たしてあげれば少なくとも悪評を吐くような結果にはならないはずです。栄養は身長を伸ばすのにすごく重要な要素です。アスミールを活用するならあくまでも補助として使って運動、睡眠もしっかり満たすことができればきっとお子様の身長を伸ばすことできます。

【参考】
→ アスミールについてはコチラの記事でもっと詳しくお伝えしています