低身長かどうかを見極めましょう

周りの子供と比べて明らかに身長が低い場合、もしかしたらあなたのお子さんは低身長症かもしれません。あまり知られていませんが低身長の子供の中にはSGA性低身長症と呼ばれる基準があります。

お母さんのお腹の中にいる期間と標準の身長、体重を比べて小さく生まれるとSGA性低身長症と判断されます。ですが、大抵の子供は2歳~3歳までに身長が一般的な成長曲線に追いつきます。もし追いつかない場合はSGA低身長症の可能性が高いということになります。

また、低身長の原因としてSGA性低身長症以外にも遺伝や体質、突発性、病気などが起因している事も考えられるので心配であれば専門医に相談してください。

●低身長症のかどうかの判断基準

低身長症かどうかを判断するやり方についてですが、下記の指標を目安にしてください。

・男の子
1~2歳 10cm
2~3歳 8cm
3~4歳 7cm
4~5歳 6cm
5~12歳 5~6cm
12~14歳 8cm
14~15歳 4cm
15~16歳 2cm

・女の子
1~2歳 10cm
2~3歳 8cm
3~10歳 6cm
10~12歳 7cm
12~13歳 4cm
13~14歳 2cm
15~15歳 1cm

この指標表は1年間に身長が伸びる平均値ですので目安になります。お子さんが1年で身長がどれだけ伸びているのかを確認していただいて表の伸びる平均値を何年間も下回っていると低身長症を疑う必要があります。

その場合、はじめにお伝えした様々な要因が考えられますのでまずは医師にご相談ください。

●低身長症の対処法

低身長症と病院で判断された場合、任意ではありますが成長ホルモン製剤を注射して処方されることがあります。ですが、保険対象外として治療されるので注射1本打つだけで1万円ほど掛かってしまいます。なので、食事の見直しに加えて比較的安価に成長ホルモンの分泌を促すことができるサプリメントを薦められる医師が多いようです。

とはいえ、医師は栄養士の資格を持っている訳ではないので具体的な商品名を上げられたとしても鵜呑みにするのは経験上やめておいたほうがいいですよ。

●カルシウムで身長が伸びるのは本当?

昔からカルシウムが豊富な牛乳を飲むと身長が伸びると言われているので信じて飲んでいる人は多いと思います。でも、ショックを受けるかもしれませんがカルシウムを摂れば身長が伸びるという訳ではありません。身長を伸ばすために本当に必要なのは「たんぱく質」なんです。

カルシウムはあくまでもたんぱく質を補助するという立ち位置です。例えばたんぱく質とカルシウムを一緒に摂ると骨を強くしてくれるといった具合です。

たんぱく質は髪、爪、皮膚、筋肉、血管、骨など身体の全てを生成する根本となる栄養素です。なので、身長を伸ばすために必要なのは当然たんぱく質ということになります。

■たんぱく質を多く含む食品

たんぱく質を多く含む食品はおかずのメインとなる肉、魚介魚、貝類です。次点は大豆製品(納豆、豆腐)になります。さらに野菜や果物も一緒に食べるとより効率よく体内へ吸収できるのでおすすめです。

料理が簡単な麺類メインの食事ばかりを毎日続けるのは身長を伸ばすためという意味では決して良いと言えないのでおすすめしません。

●アスミールの役割とは?

たんぱく質が身長を伸ばす根本の部分としたらアスミールは必要ないんじゃないかという疑問を持つと思います。ですが、「低身長症の対処法」でも申し上げましたが低身長の要因として成長ホルモンの分泌量も影響しています。

アスミールはこの成長ホルモンの分泌量を促進させてくれる役割を担っているんですね。さらに野菜や果物などに含まれる栄養素も同時に摂取できるので子供の成長に大きく役立ってくれますよ。

●最後に

低身長は子供の100人に2~3人の割合で判断されますので考え方によっては確率は高いと言えるかもしれません。

アスミールは3ヶ月続けた場合1日平均で104.6円と低コストで試すことができます。これだけの低コストで成長ホルモンの分泌を促してくれて栄養バランスも優れ、安全性も高い成長飲料サプリは私の知る限りアスミールだけです。

公式サイトではアスミールを手軽に始めたお子さんを持つお母さん方の喜びの声が多数寄せられていました。お子さんが低身長でお悩みでしたらあなたも手軽に始められるアスミールをまずはお試しになってみてください。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら